2018.2.10 05:01(1/2ページ)

北川貞二郎氏が死去…94歳 サンケイスポーツ新聞社元社長、産経新聞社元副会長

北川貞二郎氏が死去…94歳 サンケイスポーツ新聞社元社長、産経新聞社元副会長

 サンケイスポーツ新聞社元社長で、産経新聞社元副会長の北川貞二郎(きたがわ・ていじろう)氏が9日、千葉県八千代市の病院で肺炎のため死去した。94歳だった。通夜は10日午後6時、葬儀・告別式は11日午後1時から同市萱田町593の10、ファミーユ八千代市役所前で。喪主は長男、惠(さとし)氏。

 早大卒。1950年に産経新聞社入社。運動部長、サンケイスポーツ新聞社社長などを経て、87年に産経新聞社取締役副会長に就任。フジテレビジョン常勤監査役も務めた。

 北川氏は、相撲では“伝説”の記者でもあった。栃錦、初代若乃花の栃若全盛時代で当時は手さばきを書くのが主だったが、初めて支度部屋で取材し出番前の力士の表情や取り組み後の肉声を入れ「熱戦一番」のタイトルで多角的なサイド記事を書いた先駆者だった。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 北川貞二郎氏が死去…94歳 サンケイスポーツ新聞社元社長、産経新聞社元副会長