2018.2.10 17:15

荒川静香さん、3歳の娘に困っていること 街中で「荒川静香さ~ん」

荒川静香さん、3歳の娘に困っていること 街中で「荒川静香さ~ん」

荒川静香さん

荒川静香さん【拡大】

 2006年トリノ五輪フィギュアスケート女子金メダリスト、荒川静香さん(36)が10日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演し、3歳の長女に街中で「荒川静香さ~ん」と呼ばれて困っていることを明かした。

 番組にゲスト出演した荒川さんは、3歳の娘について困っていることとして「街中で『荒川静香さ~ん』って呼ぶんですよ」と告白。「ちょっと急いでいたりして振り返らないと『荒川静香さ~ん』って。そうすると、すぐ振り返るって分かって。振り返らないとその技を使います」と明かした。周りの人の反応として、「まず誰が言ってるのかなって。その次に誰を呼んだのかなって見るので、恥ずかしくなっちゃって」と説明した。

 また、番組で共演したタレントのデヴィ夫人(78)から「(娘に)いつからスケート教えるの?」と質問されると、「いや、スケートは…」と口ごもり、「遊びには連れて行くんですけど。興味はあるんですけど、飽きるのも早くて。5分ぐらいしたら、すぐ退場する。『あー疲れた』とか言って」と話した。自身は5歳からスケートを始めたと明かしお笑いコンビ、平成ノブシコブシの吉村崇(37)が「(娘が)2年後に始めたら同じ道を歩む可能性が…」と水を向けると、「ネガティブなことばかり伝えようかと思って。(スケートを)やらないように。『寒いよー』とか『朝早いよー』とか」と、娘にはスケートを勧めない考えであることを明かした。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 荒川静香さん、3歳の娘に困っていること 街中で「荒川静香さ~ん」