2018.2.6 17:53

五輪取材中のミタパン、目の前で乱闘が発生して避難「本当に暴徒化、暴力が激しかったです」

五輪取材中のミタパン、目の前で乱闘が発生して避難「本当に暴徒化、暴力が激しかったです」

フジテレビ・三田友梨佳アナウンサー

フジテレビ・三田友梨佳アナウンサー【拡大】

 “ミタパン”の愛称で人気のフジテレビの三田友梨佳アナウンサー(30)が6日、同局系「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に出演。現在、五輪取材のために韓国にいる三田アナから現地の様子が届けられ、韓国と北朝鮮の合同チーム結成への賛成派と反対派の乱闘に巻き込まれそうになる一幕が放送された。

 三田アナが4日に平昌の五輪会場前で取材したVTRが紹介された。平昌の五輪会場前でアイスホッケーの南北合同チームを応援する賛成派が会場前に、反対派は道路を挟んだ向かいに集まっていた。三田アナが賛成派の人に話を聞いていると、突然やってきた反対派の女性が賛成派の人が持っていた統一旗を奪い、2つに折って捨ててしまった。その様子を三田アナは実況したが、すぐにスタッフが「危ない危ない危ない…三田、離れろ!三田、離れろ!」と指示。近くで賛成派と反対派の衝突が起こり、警官隊が入って場を収める様子が放送された。

 万景峰号の入港が予定されている韓国・ムコ港の三田アナとスタジオの中継がつながると、ニュースキャスター、安藤優子(59)は4日の取材について「ずいぶん危ない目にあいましたね」と声をかけた。三田アナは「そうですね。本当に暴徒化、暴力が激しかったです」と振り返り、反対派が「これはピョンチャン五輪ではなくピョンヤン五輪だ」と訴えていたと伝えた。「今日も午後4時からは、韓国の国会議員による万景峰号の入港禁止のデモも予定されているんですね。今日もこの後、デモなどが起こる可能性は非常に高いと思われます」と五輪直前の空気をレポートした。

 安藤は「徐々に緊張感も高まっていると思うんですが、一つ気になるのは、だんだん三田さんが極寒になれてきたなと思って。マイナス3度でもあったかいってさっき言ってませんでした?」と指摘。三田が「そうなんですよ」と答えると、安藤は驚きながら「とにかく寒さは体にとってすごいストレスになりますから、気を付けて取材してください」と気遣った。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 五輪取材中のミタパン、目の前で乱闘が発生して避難「本当に暴徒化、暴力が激しかったです」