2018.2.5 15:19

生島ヒロシ、有賀さんは誤読も「恥ずかしがらないで自然体で言えるタイプ」

生島ヒロシ、有賀さんは誤読も「恥ずかしがらないで自然体で言えるタイプ」

特集:
女子アナ
生島ヒロシ

生島ヒロシ【拡大】

 タレントで元フジテレビアナウンサーの有賀さつき(ありが・さつき)さんが死去していたことが5日、分かった。52歳だった。有賀さんは1988年、フジテレビに入社。同期の八木亜希子さんらとともに人気女子アナとして活躍した。92年に退社してフリーとなり、タレントなどとして活動していた。

 フリーアナウンサー、生島ヒロシ(66)は同日、日本テレビ系情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に電話出演。有賀さんの訃報に触れ、「あんなに華やかでオーラがあった、周りを明るくする人が突然、いなくなってしまった。あまりのことに驚いた」とショックを隠せず。「周りから心配されることを避けるために、明るく振る舞っていらっしゃたのかな」と推測した。

 有賀さんが「旧中山道」を「いちにちじゅうやまみち」と誤読していたのではないかという“都市伝説”にも触れ、「そういうことを恥ずかしがらず、why? ということを恥ずかしがらないで自然体で言えるタイプ」と話していた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 生島ヒロシ、有賀さんは誤読も「恥ずかしがらないで自然体で言えるタイプ」