2018.2.3 22:10

with Bことブリリアン、仮装大賞で史上初の0点…審査員・梅沢は“怒り心頭”

with Bことブリリアン、仮装大賞で史上初の0点…審査員・梅沢は“怒り心頭”

ブルゾンちえみ(中央)とwith Bことブリリアン(左右)

ブルゾンちえみ(中央)とwith Bことブリリアン(左右)【拡大】

 日本テレビ系特番「欽ちゃん&香取慎吾の第95回全日本仮装大賞」(後7・0)が3日放送され、番組開始から39年目にして初の「0点」が出た。

 タレント、萩本欽一(76)と元SMAPの香取慎吾(41)が司会を務める同番組。95回を数える今回は35組が登場したが、番組史上初となる不名誉な記録を出してしまったのは、審査員として出演していたお笑いタレント、ブルゾンちえみ(27)とネタでユニットを組むwith Bことお笑いコンビ、ブリリアンの2人だった。

 32組目に登場した2人は仮装初挑戦。「山頂アタック」と題した“ネタ”で勝負を挑んだが、点数はまさかの0点。しかし、点数が目に入っていなかったのか、本番を終えて充実した笑顔を浮かべ続ける2人にブルゾンは、「おかしいでしょ! 0点なのにめっちゃ笑顔っていう2人の反応がおかしい!」と猛ツッコミ。改めて香取から点数が告げられると「0点!? うそ~!」と絶叫した。

 0点は番組史上初のことだが、審査員を務めていたお笑いコンビ、ピースの又吉直樹(37)は「迷いなく0点」とバッサリ。梅沢富美男(67)に至っては“怒り心頭”の様子で「何回ぐらい練習したんだ?」と2人を問い詰めた。たじたじになりながら、ブルゾンには秘密で10回練習したと答えたが「正直に言ってみろ」と追及されると観念したのか「5回ぐらいです…」と力なく告白。梅沢は「帰れ!」と2人を一喝した。

 放送を受けて、2人はツイッターを更新。杉浦大毅(30)は「悔しいですが二人で全開でやり切りました」と振り返るとともに、2人の直後に「ケンカ三番勝負」というテーマで出場した子供に慰められていたことを明かした。徳田浩至(30)は「0点という数字を出してしまいましたが、本当に出れるだけでも本当に嬉しい番組でした でも、またリベンジしたい」と雪辱を誓った。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. with Bことブリリアン、仮装大賞で史上初の0点…審査員・梅沢は“怒り心頭”