2018.1.30 12:00

海外で注目を集めるCrossfaith/週末エンタメ

海外で注目を集めるCrossfaith/週末エンタメ

特集:
週末エンタメ芸能記者コラム
Crossfaith

Crossfaith【拡大】

 昨年12月に結成10周年プロジェクトを終えた5人組メタルコアバンド、Crossfaithが、24日にシングル「WIPEOUT」を発売し、新章をスタート。4月14日の神奈川・川崎市のクラブチッタを皮切りに全国5都市で自主企画イベント「ACROSS THE FUTURE」を開催する。

 彼らは7年前に英バンドの楽曲カバーで注目を集め、すでに欧米でのツアーは10回以上経験。2014年に英大型ロックフェスで世界的バンド、エアロスミスやリンキンパークらと競演するなど、欧州を中心に世界各国で絶大な人気を誇る。

 メタルコアとエレクトロを融合させた斬新かつ独創的な音楽がウリ。新曲は近未来的なジャケットが示す通り、“NEO TOKYO”をテーマに、よりエレクトロな要素を前面に押し出した新感覚のハードコアサウンド。未来へ向かって前に進み続けるという5人の信念が感じられる。

 そういったCrossfaithの楽曲が生きるのがライブだ。メタルコアはパフォーマンスが重要視されるジャンル。5人は頭を激しく振るヘッドバンキングをしながらも、演奏のクオリティーは落とさず、絶妙な音楽バランスで独自の世界観を作り上げる。ボーカルのKoieが楽曲の節々で気持ち良く観客をあおり、会場のボルテージを上げていく。彼らは楽曲の完成度が高い上に、観客の引きつけ方や魅せ方が本当にうまいのだ。

 これに観客は呼応。メンバーの一員になったかのように円を描きながらクルクルと回る巨大なサークルピットを作り、リズムに合わせて体をぶつけ合うモッシュやヘッドバンギングを行うなど一心不乱に音楽を楽しむ。

 その光景は圧巻としか言いようがない。どの会場でも観客の熱気で湿度の高いサウナ状態となり、天井からポトポトと“雨”が降るほどだ。

 「ACROSS THE FUTURE」は、彼らの魅力が存分に体感できる上に国籍や国境、ジャンルを超えてツアーやロックフェスティバルで出会ったバンドを招へいしており、世界各国の最先端の音楽を楽しむことができる。

 海外で実績を収めたバンドのライブは圧巻だ。まずは彼らの成長が感じられる新曲を聴いて、世界中の音楽ファンの心に響いた彼らの音楽を一度体感してみてはどうか。(納村悦子)

  • Crossfaithの新シングル「WIPEOUT」ジャケット
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 海外で注目を集めるCrossfaith/週末エンタメ