2018.1.25 13:17

報告義務を怠った貴乃花親方に理解 坂上忍「そりゃしねえだろという感情がわく」

報告義務を怠った貴乃花親方に理解 坂上忍「そりゃしねえだろという感情がわく」

特集:
貴乃花親方
元日馬富士・暴行問題
坂上忍

坂上忍【拡大】

 タレント、坂上忍(50)が25日、MCを務めるフジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。大相撲の春日野部屋に所属していた力士(23)が平成26年に弟弟子(22)の顔を殴って傷害罪で起訴され、引退した後の28年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けていたことについて言及した。

 師匠の春日野親方(55)=元関脇栃乃和歌=は28年1月に相撲協会の理事候補に当選し、同3月に理事、広報部長に就任した。情報発信を担い、元横綱日馬富士(33)の傷害事件では記者対応を担当。貴乃花親方(45)=元横綱=の理事解任で空席となった巡業部長も兼任しているが今回の事件について公表していなかった。

 坂上は元日馬富士の十両貴ノ岩(27)への暴行事件を持ち出し、「貴乃花親方が見ていたとしたら」と前置きした上で、「去年の日馬富士の暴行事件のときに何で協会に報告しないんだとずっと責められていた。そりゃしねえだろという感情がわくでしょ。とにかく警察というのは致し方ないという気持ちになっちゃう」と貴ノ岩の師匠で、巡業部長としての報告義務を怠るなどの理由から理事を解任された貴乃花親方の行動に理解を示した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 報告義務を怠った貴乃花親方に理解 坂上忍「そりゃしねえだろという感情がわく」