2018.1.21 05:03

高視聴率も守る!キムタク、「BG~身辺警護人~」で決死アクション

高視聴率も守る!キムタク、「BG~身辺警護人~」で決死アクション

特集:
SMAP

 元SMAPの俳優、木村拓哉(45)が、2月1日放送のテレビ朝日系主演ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜後9・0)の第3話で、高さ50メートル超の橋の上で決死のアクションに挑戦した。

 同作で木村は、拳銃などの武器を許されない民間警備会社のボディーガード役を熱演。第3話では眼下に渓谷が広がる静岡県内の山中で、1億円の輸送をめぐって2人の男と対峙(たいじ)。手錠を駆使して相手を羽交い締めにするなど迫力のアクションを披露する。

 激闘シーンを演じきったキムタクは「ボディーガードという職業柄、こちらから過剰な攻撃はできない、というか“相手を押さえる”ことしかできないので、そのあたりは気をつけるようにしています」と自身のこだわりを熱く語った。

 18日に放送された初回は、俳優、勝地涼(31)と格闘シーンを演じ、今クールの民放連ドラ1位となる平均視聴率15・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。好スタートを決めたが、視聴率が出た日は電波の届かない山中で早朝から撮影していたため、「まだ見てくださった方々の反応などを聞けていないんです。ここ携帯が圏外で」と笑いを誘っていた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 高視聴率も守る!キムタク、「BG~身辺警護人~」で決死アクション