2018.1.14 20:28(1/2ページ)

【東京オートサロン2018】日本初のコレクタブルカーオークションから考える、チューニングカーの価値

【東京オートサロン2018】

日本初のコレクタブルカーオークションから考える、チューニングカーの価値

【東京オートサロン2018】日本初のコレクタブルカーオークションから考える、チューニングカーの価値

【東京オートサロン2018】日本初のコレクタブルカーオークションから考える、チューニングカーの価値【拡大】

 1月12日(金)~1月14日(日)の間、幕張メッセで開催されたカスタムカーの祭典「東京オートサロン2018」。

 今回初の試みとして日本初のコレクタブルカーオークション「BH オークション」が12日に幕張メッセ・イベントホールにて行われました。用意された16台のクルマはどれも車好きにとってはたまらない一品。チューニングカーやショップが手掛けたレーシングカーが出品され、注目を集めました。

 TV・ラジオでお馴染みのクリス・ペプラーさんをコンダクターとして、このオークションを主催する株式会社BHJの名誉顧問であり、俳優の堺正章さんによる開会宣言でスタートしました。

 LOT.005のSPOON S2000 ST-4、ホンダの名門チューニングメーカー「SPOON」が「スーパー耐久選手権」に出場するために、同車最終モデルのホワイトボディから製作されたピュアスポーツの究極の1つとも言える1台。残念ながら不成立となってしまいました。

 LOT.008のSPOON NSX-R GTは、SUPER GTのホモロゲーション向けに限定5台生産された「NSX-R GT」を元に作られたレーシングカー。マカオ・ロードスポーツレースの出場実績を持っており、エンジンは3.0L V6ボルトオンターボで550馬力を発揮。こちらは850万スタートで、電話からの入札が多く、1200万前後からジリジリと競合い1700万円で落札となりました。

 Clicccar読者、Optionファンなら知っている人もいる、JUNオートメカニックが製作したZ32型フェアレディZ、アメリカ・ユタ州で開催されている「ボンネビルスピードウェイ」で1991年当時のクラスレコード「261.932MPH(約419km/h)」を記録したモンスターマシンです。後にナンバー取得している1台です。残念ながら不成立となってしまいました。

 次に出品されたのは、個人的に注目していたチューニングショップ・トップシークレット代表である「スモーキー」永田和彦氏が400km/hオーバーを夢見てトヨタ・スープラにセンチュリーのエンジンをスワッピング。さらにツインターボ化+NOSで950馬力弱、最大トルク104kg-mを誇る「TS8012V」。

【続きを読む】

  • 【東京オートサロン2018】日本初のコレクタブルカーオークションから考える、チューニングカーの価値
  • 【東京オートサロン2018】日本初のコレクタブルカーオークションから考える、チューニングカーの価値
  • 【東京オートサロン2018】日本初のコレクタブルカーオークションから考える、チューニングカーの価値
  • 【東京オートサロン2018】日本初のコレクタブルカーオークションから考える、チューニングカーの価値
  • 【東京オートサロン2018】日本初のコレクタブルカーオークションから考える、チューニングカーの価値
  • 【東京オートサロン2018】日本初のコレクタブルカーオークションから考える、チューニングカーの価値
  • 【東京オートサロン2018】日本初のコレクタブルカーオークションから考える、チューニングカーの価値
  • 【東京オートサロン2018】日本初のコレクタブルカーオークションから考える、チューニングカーの価値
  • 【東京オートサロン2018】日本初のコレクタブルカーオークションから考える、チューニングカーの価値
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 【東京オートサロン2018】日本初のコレクタブルカーオークションから考える、チューニングカーの価値