2018.1.13 09:44

英王室の宝石、地中に隠す…ナチス警戒、缶に入れ

英王室の宝石、地中に隠す…ナチス警戒、缶に入れ

 第2次大戦中の1940年ごろ、ナチス・ドイツが英国に侵攻する万一の事態を警戒し、英国王室に伝わる貴重な宝石がビスケットの缶に入れられ、ロンドン郊外にあるウィンザー城の地中に隠されたことが明らかになった。12日付の英紙タイムズが伝えた。

 現在のエリザベス女王の父で当時の国王ジョージ6世が宝石を隠すよう命じたことが、王室の司書から国王の母親のメアリー王妃に宛てた書簡に記録されていた。宝石はその後無事回収されたとみられる。

 隠されたのは英王室に伝わる王冠に付いているサファイアやルビーなど。ウィンザー城の門付近に深い穴を掘り、缶に入れて保管された。掘削作業中はドイツ軍機に異変を察知されないよう防水シートを敷いていた。

 当時14歳前後だったエリザベス女王は、14日に放映されるBBC放送のドキュメンタリー制作の過程でこの事実を知らされたという。(共同)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 英王室の宝石、地中に隠す…ナチス警戒、缶に入れ