2018.1.4 05:01

銀行業界、オンラインで暴力団情報照会に応じるシステム運用を開始

銀行業界、オンラインで暴力団情報照会に応じるシステム運用を開始

 暴力団の資金源対策として、警察庁は4日、銀行の個人向け融資の新規申し込みについて、オンラインで暴力団情報の照会に応じるシステムの運用を開始する。銀行業界は新規申し込みのほぼ全件で照会する方針で、暴力団員であることが判明したら、融資拒否などの措置を取る。

 警察庁の担当者は「銀行の融資取引から暴力団を排除するのが目的で、大量の申し込みを自動的にスクリーニングできる」と話している。既に、日本証券業協会(日証協)会員の証券会社との間で同じシステムを導入し、2013年1月から運用を続けている。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 銀行業界、オンラインで暴力団情報照会に応じるシステム運用を開始