2017.12.29 02:00

大阪の有数規模の朝鮮学校廃校へ 財政難で売却方針

大阪の有数規模の朝鮮学校廃校へ 財政難で売却方針

 在日コリアンの多い大阪府の朝鮮学校で生徒数最多の東大阪朝鮮中級学校(大阪市生野区)が来年3月末で移転し、土地と建物が売却されて事実上廃校になる見通しとなったことが28日、学校への取材で分かった。高校無償化制度の対象外となった影響や府の補助金不支給による財政難が要因。日朝間の緊張に伴う政治情勢がコリアタウンに長年根付く民族教育にまで影を落としている。

 朝鮮学校は近年、生徒の減少や統廃合が全国的に進む。文部科学省によると、2008年以降の10年で学校数は77校から66校となり、生徒数は約8800人から約3000人減の約5800人に。全国の朝鮮学校で有数の規模を持ち、「中学校」として単独の運営を唯一維持していた中級学校の廃校はこうした動きを象徴する意味を持ちそうだ。

 運営法人の大阪朝鮮学園によると、売却に伴い来春以降は学校の名称を残して大阪朝鮮高級学校(同府東大阪市)の空き教室に仮移転する。関係者は将来的な統合が有力との見方を示す。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 大阪の有数規模の朝鮮学校廃校へ 財政難で売却方針