2017.12.29 20:36

高樹沙耶さん、大麻は抜歯の痛み止め 「バイキング」特番で使用経緯語る

高樹沙耶さん、大麻は抜歯の痛み止め 「バイキング」特番で使用経緯語る

 今年4月「大麻取締法違反(所持)」で懲役1年、執行猶予3年の判決を受けた元女優、高樹沙耶さん(54)が29日、フジテレビ系「バイキング・ザ・ゴールデン」にVTR出演。大麻使用の経緯を語った。

 高樹さんは一緒に逮捕された同居の男性について「一緒に大麻の法改正運動をされてた方」「静養にこられていたので同居していた」と説明した。男性が突然死する「狭心症」を患ったことから、「死を目前とされる方が自分の生存権のために選択することに関して、私はとやかく言えないと思った」とし、同居中に男性の大麻吸引を認め、「『使ってもいいかな』とのことなのでそれはどうぞと。その代わりどうやって手に入れたりとか、どこに置いたりとか私には一切知らせないでくれ。そういった状況の中で私は許可をしてしまった」と語った。

 自身の大麻使用について、親知らずを抜歯後に顔が膨れ上がり痛みが続いたことから吸引。「彼も使っていましたので私も政治にまで出て皆さんに医療大麻とお伝えしたので外国のエビデンス(医学的根拠)だけではなくて興味があった。だからどういうものか試したくなって」と使用した経緯を語った。

 高樹さんは「本当に医療大麻というものがたくさんの人たちを助けるならば、日本でも研究してもらって“使えればいいじゃない”の立場だった」としながらも、「日本の法律では絶対にダメ。法律を犯したことは本当に絶対いけないこと」と後悔の言葉を口にした。

 そして、「一番甘かったのは世界の現状を見て、危険なものだったらよその国が解放しない。大麻草の有効利用とその良い方向性のことばっかり頭の中に詰め込まれていたというのが、この国でのルールのことを忘れてしまった要因」と振り返り、現在は「大麻の法改正であったり啓蒙活動っていうのはすべて一線からは退かせていただきますとお話しさせていただいた。そういう活動をされてる方たちとはお会いしていない」と語った。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 高樹沙耶さん、大麻は抜歯の痛み止め 「バイキング」特番で使用経緯語る