2017.12.20 05:04(1/3ページ)

セカオワSaori、初小説『ふたご』が直木賞候補!吉報に「噛み締めたい」

セカオワSaori、初小説『ふたご』が直木賞候補!吉報に「噛み締めたい」

特集:
紅白歌合戦
藤崎彩織(撮影・澁谷征司)

藤崎彩織(撮影・澁谷征司)【拡大】

 4人組バンド、SEKAI NO OWARIのメンバー、Saoriこと藤崎彩織(31)の初小説「ふたご」が、今年下半期の直木賞候補作に選ばれたことが20日付で発表された。音楽活動に軸を置くアーティストの作品が、候補作に入るのは極めて異例。藤崎は年明けの第1子出産前に届いた吉報に「喜びを、これからゆっくりと噛み締めたい」と感慨に浸っている。受賞作は来年1月16日に発表される。

【続きを読む】

  • 藤崎彩織「ふたご」書影(C)藤崎彩織著『ふたご』文藝春秋
  • 第158回芥川、直木賞候補作
  • 芸能人の芥川賞、直木賞受賞・候補作
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. セカオワSaori、初小説『ふたご』が直木賞候補!吉報に「噛み締めたい」