2017.12.3 13:47

やく氏が「物言い番付」選定 「白鵬に一番非があるという気がしています」

やく氏が「物言い番付」選定 「白鵬に一番非があるという気がしています」

漫画家・やくみつる氏

漫画家・やくみつる氏【拡大】

 漫画家のやくみつる氏(58)が3日、フジテレビ系「新報道2001」(日曜前7・30)に出演。大相撲の元横綱日馬富士(33)が、幕内貴ノ岩(27)に暴行を加えて引退に至った問題について、自身が選定した「物言い番付」を発表した。番組では日馬富士が引退する原因となった暴行問題を特集。やく氏はボードを使いながら「物言い番付」を紹介。「白鵬に一番非があるという気がしています。次に日馬富士、人柄としてもいい男なんですが“下手人”でございますから」と、上から順番にモンゴル出身横綱の2人を挙げた。

 3番目は「(問題の)大もとであろう貴乃花親方」。上から4番目までは「(暴行を受けた際に)どういう言動があったのか分かりませんけど、貴ノ岩はこんなもの」と説明した。

 白鵬を一番上に位置づけた理由について、九州場所優勝インタビューで観客に万歳三唱を促したり、11日目の嘉風戦で敗れた後に自ら“物言い”をつけて土俵下に居座るなどした行動を挙げ、「明らかなルール違反」と一言。「横綱としての品格がない」とした。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. やく氏が「物言い番付」選定 「白鵬に一番非があるという気がしています」