2017.11.24 05:02

82年に脱退後初!小田和正、オフコースの盟友・鈴木康博と35年ぶり“共演”

82年に脱退後初!小田和正、オフコースの盟友・鈴木康博と35年ぶり“共演”

オフコース時代の盟友、鈴木康博とラジオ番組で35年ぶりの“共演”を果たした小田和正

オフコース時代の盟友、鈴木康博とラジオ番組で35年ぶりの“共演”を果たした小田和正【拡大】

 シンガー・ソングライター、小田和正(70)が23日放送のNHK FM「今日は一日“小田和正”三昧」(後0・15)で、1989年に解散した伝説バンド、オフコース時代の盟友、鈴木康博(69)と35年ぶりに“共演”した。

 小田の番組に鈴木がメッセージを寄せる形で実現。小田とツインボーカルだった鈴木は82年にバンドを脱退しており、同じ番組に“出演”するのは鈴木の脱退後初だ。

 番組では鈴木が当時について「声を聴いただけで小田って分かるのが(同じボーカルとして)悔しかった。オフコース時代は宝です」と述懐。小田に向けて「声がかすれたり、それなりに(体調に)気を使うところがお互いある。頑張ってほしい」と激励した。

 盟友からのエールに小田は「ビックリです。あり得ないですね。これは消化するのにしばらく時間がかかりそう。感動しちゃって…」と感涙。オフコースについて「宝物だよね」と言い切り、「当時はありふれた幸せに背を向けるしかなかった。強がりでね…」と懐かしそうに振り返った。

  • 鈴木は番組にメッセージを寄せ、第一線で活躍し続ける小田を激励した=2004年撮影
  • ラストコンサートのオフコース
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 82年に脱退後初!小田和正、オフコースの盟友・鈴木康博と35年ぶり“共演”