2017.11.4 18:38

今井メロ、友人の祝儀のため「3日間風俗で働きました」 自殺未遂の過去も告白

今井メロ、友人の祝儀のため「3日間風俗で働きました」 自殺未遂の過去も告白

今井メロ

今井メロ【拡大】

 元スノーボードハーフパイプ女子の日本代表で2006年トリノ冬季五輪に出場した今井メロ(30)が3日放送のフジテレビ系『金曜プレミアム・キテレツ人生!』(後7・57)に出演。風俗嬢報道の真相や自殺未遂など、壮絶な過去を告白した。

 6歳からスノーボードを始め、わずか12歳でプロになった今井。父親の厳しい英才教育で精神をすり減らしながらも、やがて世界ランク1位となり、日本代表に選出された。しかし、日本中の期待を背負って出場したトリノ五輪ではまさかの予選敗退。手のひらを返すように強烈なバッシングを浴びることになった。今井は、非難を恐れ、引きこもり生活を半年続けることに…。

 五輪から1年、徐々にバッシングも落ち着いてきたことから「そうだ!私、ずっとなりたかった普通の女の子になろう。キラキラした華やかな世界、一度はやってみたいんだ」と一念発起。大阪・ミナミでキャバクラのホステスとなった。しかし、ホストクラブにハマり、ホステスとして得た収入や貯めていたスポンサー料までも全て使い果たしたという。

 そのタイミングで親しい友人が結婚することとなり、「ご祝儀期待しているな」と言われてしまう。その言葉に応えるため「15万円を包みたいと思って、3日間風俗で働きました」と、一部で報道された風俗店での勤務が事実であったと告白した。

 その報道で今井は再び失意のどん底に…。周囲にまで迷惑をかけたことへの後悔の念もつのり、「この世を絶ちたい」とリストカット。その行為はそれから何度も繰り返されたといい、「数がもうわからない。当時の傷ですけど、何度かかわからない状態になってます」と左腕に残る当時の傷跡もカメラに公開した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 今井メロ、友人の祝儀のため「3日間風俗で働きました」 自殺未遂の過去も告白