2017.11.2 23:29

「ひふみん」加藤一二三氏、胆石性急性胆のう炎で手術

「ひふみん」加藤一二三氏、胆石性急性胆のう炎で手術

加藤一二三(ひふみ)九段

加藤一二三(ひふみ)九段【拡大】

 「ひふみん」こと将棋棋士、加藤一二三(ひふみ)九段(77)が胆石性急性胆嚢(たんのう)炎のため、手術を行ったことが2日、わかった。手術は無事終了し、今後は術後の経過を見つつ、1週間程度入院する予定。同日、所属事務所がファクスで発表した。

 加藤九段は1日から痛みを訴えていたといい、2日に東京都内の病院で同病名と診断された。「出来る限り早い段階での手術が必要」との医師の判断により、当日に手術を行った。

 加藤九段は「お医者様の判断のもと、大事をとって一週間ほど術後の休養をとらせていただきます。また元気に皆様にお目にかかれる日を心待ちにして、療養に励んで参ります」とコメントを寄せた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 「ひふみん」加藤一二三氏、胆石性急性胆のう炎で手術