2017.10.30 22:56

にゃんこスター・アンゴラ村長、ブレーク前の月収「会社が10万円、お笑いは3000円」

にゃんこスター・アンゴラ村長、ブレーク前の月収「会社が10万円、お笑いは3000円」

にゃんこスターのスーパー3助(左)とアンゴラ村長

にゃんこスターのスーパー3助(左)とアンゴラ村長【拡大】

 コント日本一決定戦「キングオブコント2017」で準優勝した話題の男女コンビ、にゃんこスターのスーパー3助(34)とアンゴラ村長(23)が30日放送の日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」(月曜後9・00)に出演。アンゴラ村長がブレーク前の月収を明かした。

 番組ではにゃんこスターに密着。2人の出会いはピン芸人同士で共演したお笑いライブでアンゴラ村長がスーパー3助に一目惚れし交際がスタート。スーパー3助もアンゴラ村長の持ちネタの縄跳びネタを見て、ツッコミを加えれば絶対に売れると確信し、そこでカップルだった2人のコンビが誕生したと伝えた。

 コンビ名のにゃんこスターの名付け親はアンゴラ村長だと明かし、「私の中でこの2人を猫だと思っていて、野良猫の中のスターになろう」という思いから命名したのだと語った。

 アンゴラ村長は両親と芸人を続ける条件として「就職して安定した収入を得ること」を約束。「週2~3日は会社で後はネタを作る」生活を送り、ブレーク前の月収は「会社が10万円で、お笑いは3000円」であったことを明かした。

 一方、スーパー3助は都内のカラオケ店でアルバイトをしながら芸人を続けているという。

 そんな二人に番組スタッフから別れてもコンビを続けるのかとの質問にスーパー3助は「僕は全然別れようが別れまいがやっていきたい」と語るも、アンゴラ村長は「解散」と即答。「嫌いな人と一緒にいたくない」と破局した場合はコンビ解散だと明言した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. にゃんこスター・アンゴラ村長、ブレーク前の月収「会社が10万円、お笑いは3000円」