2017.10.27 12:57

「ハゲ」の豊田真由子氏、元秘書暴行の疑いで書類送検

「ハゲ」の豊田真由子氏、元秘書暴行の疑いで書類送検

豊田真由子元衆院議員

豊田真由子元衆院議員【拡大】

 自民党を離党し衆院選で落選した豊田真由子元衆院議員(43)から暴行を受けたとして、秘書だった男性が被害届を出した問題で、埼玉県警は27日、傷害と暴行の疑いで、豊田元議員を書類送検した。

 「週刊新潮」の報道によると、豊田元議員は5月、当時政策秘書だった50代男性が車を運転中に頭や顔を複数回殴った。「はげ」「死ねば」などと暴言も吐いたとされ、男性が録音したとする車内でのやりとりも掲載された。

 豊田元議員は9月に記者会見し、暴言を認め謝罪した上で、暴行については「私が大変な乱暴をして大けがをさせたことは決してない」と述べていた。

 豊田元議員は厚生労働省課長補佐などを経て2012年12月の衆院選で初当選し2期務めた。22日投開票の衆院選では、3選を目指し無所属で埼玉4区から立候補したが、落選した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「ハゲ」の豊田真由子氏、元秘書暴行の疑いで書類送検