2017.10.23 13:41

希望の党、小池百合子代表のお膝元・東京で1勝22敗の惨敗

希望の党、小池百合子代表のお膝元・東京で1勝22敗の惨敗

 東京都の小池百合子知事が代表を務める希望の党は、都内の選挙区に23人を擁立したが、長島昭久元防衛副大臣が唯一、21区で当選しただけで、結党に加わった3区の松原仁元国家公安委員長のほか、同じく民進党離党組の柿沢未途氏(15区)も相次いで自民候補に敗北した。お膝元で1勝22敗の厳しい結果に終わった。

 松原、柿沢両氏、23区で敗北した伊藤俊輔氏は比例代表で復活を果たした。ただ小池氏の側近の若狭勝氏は、小池氏の地盤だった10区で自民候補に敗れ、比例復活もかなわなかった。

 25区でも小沢鋭仁元環境相が敗れた。民主党時代は山梨を地盤としていたが、維新の党などを渡り歩き、前回は比例近畿ブロックで当選。今回は都内に選挙区を変えて挑んだが、自民候補に及ばなかった。

 ただ一人、小選挙区で当選した長島氏も終盤は逆風に苦しみ、選挙ポスターの小池氏と並んだ写真の部分をシールで隠すなどしていた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 希望の党、小池百合子代表のお膝元・東京で1勝22敗の惨敗