2017.10.21 05:02

橋爪遼被告の初公判、わずか15分で結審「ありうること…」

橋爪遼被告の初公判、わずか15分で結審「ありうること…」

 俳優、橋爪功(76)の息子で覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた元俳優、橋爪遼被告(30)の初公判が20日、東京地裁で開かれた。遼被告は起訴事実を認め、「もう二度と手をつけることはありません」と語るも、検察側は2011年に被告が別の麻薬事件での前歴があることを明かし、懲役1年6月を求刑。弁護側は執行猶予付きの判決を求め、わずか15分で即日結審した。判決は11月13日に言い渡される。

 わずか15分でのスピード結審となったが、弁護士法人・響の徳原聖雨弁護士は「罪を認めている点と情状証人が出ていないので、本人に被告人質問をするくらい。(15分での結審は)ありうること」と説明。遼被告の求刑については「(2011年に)逮捕の記録が残っていたとしても不起訴処分。あくまでグレーであるので、それをもとに悪質だと判断するのは難しい。常習性も指摘されておらず、懲役1年6月、執行猶予3年と初犯の一般的な量刑になると思う」と推測した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 橋爪遼被告の初公判、わずか15分で結審「ありうること…」