2017.10.11 05:04(1/2ページ)

安倍首相、ヤジ来ぬ田園で第一声 政権維持へなりふり構わず/衆院選

安倍首相、ヤジ来ぬ田園で第一声 政権維持へなりふり構わず/衆院選

特集:
衆院選
田園風景の中で第一声を上げる自民党総裁の安倍晋三首相

田園風景の中で第一声を上げる自民党総裁の安倍晋三首相【拡大】

 第48回衆院選は10日公示され、12日間の選挙戦が始まった。JR福島駅から南西へ約10キロ。稲穂が実るのどかな田園地帯に地元の人の戸惑いの声が響いた。

 「何で入ればダメなんだべ?(なぜ入ったらダメなのか)」

 安倍首相の第一声を聞きに来た農業の男性(68)を、自民党関係者が制止。一般市民は、近隣の空き地へ移動させられた。

 自民福島県連によると、第一声の地となった「踊る小馬亭向かい広場」への入場が許されたのは後援会関係者の約300人だけ。理由は「私有地ということで、混乱が起きないように安全を最優先した」というもの。県警が周辺道路を検問する厳戒態勢だった。

 首相のトラウマとなっているのが今夏の都議選だ。最終日、それまで選挙戦最後の演説を行ってきた“聖地”東京・秋葉原で、大ブーイングを浴びた。森友・加計問題などに怒り「辞めろ」コールを続ける一部の聴衆を、首相は「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」と挑発。以降、首相が演説で行く先々には“こんな人たち”が待ち構えているのだ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 安倍首相、ヤジ来ぬ田園で第一声 政権維持へなりふり構わず/衆院選