2017.10.9 15:53

坂本冬美、坂本冬休みに代理営業を提案「遠目だったら分からない」

坂本冬美、坂本冬休みに代理営業を提案「遠目だったら分からない」

歌とトークでイベントを盛り上げた左から坂本冬休み、坂本冬美、森山愛子

歌とトークでイベントを盛り上げた左から坂本冬休み、坂本冬美、森山愛子【拡大】

 歌手、坂本冬美(50)が9日、東京・タワーレコード渋谷店で新アルバム「ENKAII~哀歌~」の発売記念イベントを行った。

 大ヒット曲「夜桜お七」のイントロに乗って登場したのは坂本のそっくりさんで知られるものまねタレント、坂本冬休み(46)。会場のファンが大喜びするなか、本物の冬美が登場し「ちょっと、そっくりじゃないですか」と絶賛すると冬休みは「まだまだこれからです。冬美さんの意識も心も見習いたい」と恐縮しきり。

 冬美は冬休みに“公認”を与えており「私がもし倒れたら代役で。遠目だったら分からない。心強いです」と代理営業を提案し笑わせた。

 ステージには冬美と同じ事務所所属の歌手、森山愛子(32)も登場。初の本格ご当地ソングとなる新曲「会津追分」のヒットを祈願して髪を35センチバッサリ切ったといい、「地元の栃木でコンサートができるようコツコツ頑張ります」と控え目に語ると、冬美から「本当の目標は?」とツッコミが入り、「NHK紅白歌合戦です。後は行くだけです!」と力強く誓い直していた。

 3人は爆笑トークを交えながら計8曲を披露しファンを沸かせた。イベント終了後、冬美と森山はチェキ(インスタントカメラ)によるファンとのスリーショット撮影会も行った。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 坂本冬美、坂本冬休みに代理営業を提案「遠目だったら分からない」