2017.9.10 21:01

カンテレ「うまンchu」、“歌って踊れて馬券を当てるアイドル”を育成

カンテレ「うまンchu」、“歌って踊れて馬券を当てるアイドル”を育成

 カンテレの競馬予想番組「うまンchu」(土深夜1・15、関西ローカル)が“歌って踊れて馬券を当てるアイドル”の育成プロジェクト「VIVAJO8(美馬女エイト)」の公開オーディションを10日、大阪市北区の同局本社で行い、8人のメンバーが選ばれた。

 シャンプーハット、浅越ゴエ(43)、ミサイルマンら競馬大好き芸人が出演する同番組。競馬はおじさんだけのものではないと、競馬に興味のなかった女子が一から勉強し、競馬予想のできるアイドルを目指す。

 この日は、応募65人から残った最終候補18人がステージに登場。NMB48の「オーマイガー!」など課題曲を熱唱した他、演技力審査では、「馬券を外してしまったお父さんに一言」や「馬になりきって一言」など、競馬予想もできるアイドルとしての資質を問うユニークなお題が与えられた。

 課題曲の歌詞を替えて、「うまンchu」の内容に絡めた替え歌を披露する者や、演技力審査中、「緊張してファンファーレの音をど忘れたので教えてください」と突然観客に助けを求める者など、それぞれの個性を大いに見せ、会場を盛り上げた。

 審査員を務めたシャンプーハット・こいで(41)は「この中からミサイルマンの将来の嫁かが見つかるかも。一緒にロケも行きたい」と共演に大いに期待。元JRA騎手の安藤勝己氏(57)も「みんなの緊張している姿を見て、昔は緊張して競馬乗っとたなと思って初心を思い出した」と“アイドル予想”を楽しんだ様子だった。

 合格した8人は16日の放送回から登場。スタジオでレースの予想をする日も近いかもしれない。

 【合格者コメント】

 ◆黒沢綾佳 「バイクが趣味なので、大型バイクに乗っています。馬とバイクを競争させる企画をやってみたい」

 ◆松野奈々 「先頭に立って、競馬の良さを、私みたいに知らない子たちに広められるようになりたいです」

 ◆山本麻衣 「競馬も芸能界も初心者ですが、その成長を見守ってもらえるように頑張りたい」

 ◆松井りお 「芸能界のテッペンを取って、『馬神(めがみ)』になりたいです」

 ◆瀬戸野愛 「セトノアイという馬がいることを知り、すごく運命を感じたので、自分の名前を馬につけられるイベントをやってみたい」

 ◆志田原莉咲 「メンバー全員で、人生初の馬券を『うまンchu?』で買いたい」

 ◆藤田唯花 「ギャンブルのイメージが強いと思うが、ジョッキーの魅力や競馬場の緑の香りなどをたくさんの人に伝えたい」

 ◆村田明穂 「ジョッキーとファンの交流イベントを企画したい」

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. カンテレ「うまンchu」、“歌って踊れて馬券を当てるアイドル”を育成