2017.8.3 05:06(2/3ページ)

広瀬すず「最初で最後かも」CDデビュー!松田聖子の『瑠璃色の地球』歌う

広瀬すず「最初で最後かも」CDデビュー!松田聖子の『瑠璃色の地球』歌う

特集:
広瀬アリス&広瀬すず
松田聖子の名曲「瑠璃色の地球」が収録された1986年のアルバム「SUPREME」のジャケット写真

松田聖子の名曲「瑠璃色の地球」が収録された1986年のアルバム「SUPREME」のジャケット写真【拡大】

 永遠のアイドル、聖子の名曲で、すずが“CDデビュー”を飾る。

 すずは「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」で主人公・及川なずなの声を担当。クラスメートの典道(菅田将暉、24)との駆け落ちの道すがら、幼いころからなずなの母が口ずさんでいた「瑠璃色の地球」を歌うシーンで、ルックス同様に透明感ある歌声を響かせている。

 その美声が「及川なずな」名義で、9日発売の同映画のサウンドトラックに収録されることが決定。すずは目薬の「マイティアCL」や「富士フイルム」のCMで歌声を披露しているものの、本格的に歌に挑戦するのは初めてだ。

 カバーする「瑠璃色の地球」は聖子が1986年に発売し、同年のレコード大賞で最優秀アルバム賞を受賞したアルバム「SUPREME」の収録曲。中森明菜(52)、沢田知可子(53)らもカバーし、合唱曲として学校でも歌われている名曲だ。

 突然のCDデビューにすずは「驚きました」と素直な心境を吐露。聖子の代表曲「赤いスイートピー」をもともとカラオケでよく歌っていたというが、「歌が本当に苦手で…。(『瑠璃色の地球』は)難しい曲でしたが、練習していくうちにどんどん楽しくなっていきました」と聖子世代の母とカラオケに行って特訓し、初のレコーディングに臨んだ。

【続きを読む】

  • 初レコーディングに臨んだ広瀬すずは「歌は苦手」と照れながらも、透明感のある美声を響かせた
  • すずが声優を務める劇中の主人公、なずなが描かれたサウンドトラックのジャケット写真
  • 初レコーディングに臨んだ広瀬すずは「歌は苦手」と照れながらも、透明感のある美声を響かせた
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 広瀬すず「最初で最後かも」CDデビュー!松田聖子の『瑠璃色の地球』歌う