2017.7.27 05:03

手越祐也、初ホラー『ほん怖』で周囲に漏らした「マジでビビる」

手越祐也、初ホラー『ほん怖』で周囲に漏らした「マジでビビる」

 NEWSの手越祐也(29)が、8月19日放送のフジテレビ系「ほんとにあった怖い話-夏の特別編2017」(後9・0)の一編「或るマンション」に主演し、ホラー作品に初挑戦することが26日、分かった。

 手越演じる清掃員が古びたマンションで赤い服の女を目撃して以降、思いも寄らぬ恐怖に直面する姿を描く物語。手越の同シリーズ出演は初。フジドラマへの出演も2009年放送の「誰かが嘘をついている」以来約8年ぶりだ。

 8月初旬から、実際に古びたマンションで撮影予定で、「お化けなどはかなり苦手な方」という手越は、周囲に「マジでビビると思う」と漏らしている様子。

 それでも2014年1月放送のテレビ朝日系「松本清張ドラマスペシャル・三億円事件」以来約3年半ぶりの俳優業が「ほん怖」シリーズとなったことには、「非日常という内容のお芝居を一度挑戦してみたかったので、とてもワクワクしています」と武者震い。「暑い夏に背筋が凍るようなビックリしてワクワクできるような作品にしていきたい」と意気込んでいる。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 手越祐也、初ホラー『ほん怖』で周囲に漏らした「マジでビビる」