2017.7.26 05:05

新国立競技場、五輪後は球技専用 陸上競技場の機能なしに

新国立競技場、五輪後は球技専用 陸上競技場の機能なしに

2020年の東京五輪開幕に向けて、建設工事が進む新国立競技場

2020年の東京五輪開幕に向けて、建設工事が進む新国立競技場【拡大】

 2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムで開閉会式や陸上などを行う新国立競技場について、大会後は集客が見込めるサッカーやラグビーの球技専用とする見通しとなったことが25日、分かった。

 陸上トラックの位置に観客席を増設する計画で、陸上競技場としての機能はなくなる。巨額の維持管理費を賄うために収益性を確保する狙いがある。

 スポーツ庁は26日に文部科学副大臣の下に設置した作業部会を約10カ月ぶりに再開し、トラックを残すよう希望している日本陸上競技連盟と協議する。サッカーやラグビーの競技団体との調整も経て、9月にも関係閣僚会議で正式に決める見通しだ。民間事業者に運営権を売却する「コンセッション方式」の導入も検討されている。

 新国立が球技専用となった場合、東京都内で陸上の世界選手権や日本選手権などを開ける競技場がなくなるため、都の施設である味の素スタジアム(調布市)を軸に、国際基準に合わせて整備する案が浮上している。

 陸上の利用では、大規模な大会を開く際に必要なサブトラックを、常設できる場所が近隣に確保できない点も障害となっていた。五輪・パラリンピックでは明治神宮外苑の軟式野球場に仮設する予定だが、大会後は取り壊す。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 新国立競技場、五輪後は球技専用 陸上競技場の機能なしに