2017.7.23 15:30(3/4ページ)

世代をリードする前川知大と長塚圭史『プレイヤー』で邂逅

世代をリードする前川知大と長塚圭史『プレイヤー』で邂逅

特集:
TOKYO HEADLINE
前川(左)と長塚(撮影・仲西マティアス)

前川(左)と長塚(撮影・仲西マティアス)【拡大】

 前川は劇中劇というアイデアを聞いてどう思ったのか。

前川「もともとあるオカルト話みたいなものに、演劇的な手法によって、お客さんが何を見ているのか分からなくなるような、そういう不安感のような怖さがもう一つ乗っかるので、それはすごく面白い構成になるなと思いました。怖い話以上の怖さ、本当に不安にさせるようなものが出るんだろうな、と思って、すぐに乗りましたよね」

 死者の言葉が、生きている人間を通して「再生」されるという設定。こう文字にすると、「ん?」と思う人も多いだろう。それくらい演出は大変そうだ。

長塚「みんなに言われます。“これどうやってやるの?”とか“このシーン、どうするの?”って(笑)」

前川「そんなに?(笑)」

 初演時もそういう苦労はあった?

前川「それはね…確かにめちゃくちゃ大変でした。でもその時よりはうまく書けているんじゃないかなって思っているんですけど(笑)」

 俳優の力量に寄りかかる部分もありそう。それをできそうな出演者が揃った。

長塚「全体的にいいチームが集まったと思います。稽古も面白くやれている。僕自身は一緒にやったことのない人たちばかりなんですが、わざとそういう人たちを集めたところもあります。フェアな感じにしたかったから。前川さんの作品に慣れている仲村トオルさんと安井順平さんも面白いキャスティングです。2人が直接、前川さんとやりとりすることはあるだろうけど、基本的には演出の僕を通すわけだから、まあちょっと奇妙でユニークなバランスが生まれるんじゃないかと」

 キャスティングに関しても2人の希望が通ったという感じ?

長塚「キャストに関しては僕のほうが候補をあげて、前川さんに話をするという形で進みました。前川さんは“気の合う人でやっちゃっていいですよ”と言ってくれたんですが、前川さんが面白く脚本を書けるかどうかということが重要だったので、わりと細かく“これでいい?”ということは聞いたりしていました。そうすると“それだとイメージが広がるね”とか言ってくれて、ストーリーの軸自体はどんどんできていった。またそこにはまっていく俳優さんを制作側と僕が提案していった」

 仲村と安井の起用は、やはり前川作品を知る人が何人かいたほうがいいという考えから?

長塚「負荷がどちらにもかかっていいんじゃないかと思いました。僕自身の緊張感も高まるし、うまい関係性が取れれば2人からいろいろな話も聞けるし」

 緊張感…。

長塚「前川演出のほうが良かったって言われるかもしれないですから(笑)」

 劇中劇としての部分以外は新しく書き下ろした。だから新作のようなものだ。

前川「脚本は意外と大変でした。登場人物が14人いるんですが、結構多いなって(笑)。それは単純に書き分けの部分ではあるんですけどね。いつもはあて書きが多いんですが、といっても今回は僕もほとんど出られている作品を見たことのない方もいたので、そこはイメージで書いた部分もありました。あと、もともとのプレイヤーの骨格を持ってきている分、中心人物の桜井と時枝という竜也さんとトオルさんの役どころなんかはそんなに変えられないから、そこはあて書きということではなかった。でもその中でも劇中劇の戯曲の中の役と稽古場の役があるから、稽古場の中での役なんかはちょっと違う感じにしてみようかな、とかそういうことはしましたが、意外と時間がかかったなという気はします。それで不安があったから、稽古場に来てちょいちょい気になるところは直したりもしました」

【続きを読む】

  • 前川(左)と長塚(撮影・仲西マティアス)
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 世代をリードする前川知大と長塚圭史『プレイヤー』で邂逅