2017.7.22 15:33

上西議員、浦和の試合を観戦?週刊誌から「“企画として”観にいきませんか」

上西議員、浦和の試合を観戦?週刊誌から「“企画として”観にいきませんか」

上西小百合衆院議員

上西小百合衆院議員【拡大】

 上西小百合衆院議員(34)が22日、ツイッターを更新。自身の大阪事務所にサッカーJ1浦和のファンを名乗る人物が押しかけてきたことを明かした。「本日、私の大阪事務所に浦和レッズファンを名乗る人間が押しかけて来ました」と主張。「たまたまテレビ取材中だったのて、何人かいたので帰らせる事ができましたが、正直なところ浦和レッズ関係者がこれを黙認するのならば私にも考えがあります」(原文ママ)と持論を展開した。

 また週刊誌から「“企画として”レッズの試合を観にいきませんか」と持ちかけられたが断わったという。この日の騒動を受け、「レッズサポーターがこの程度の低レベルなら行ってもいいと思う」と含みを持たせた。その後のツイートで「『FRIDAY』さん、レッズの試合を観に行く企画受けてもいいですよ」と写真週刊誌「FRIDAY」からの依頼だったことを明かした。

 上西氏は15日、浦和と独1部リーグのドルトムントとの親善試合で浦和が逆転負けしたことについて、自身のツイッターに「酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」と書き込み炎上。「一生懸命戦った選手に大変失礼」などと反論が寄せられたが、上西氏は「サッカーの応援しているだけのくせに、ムカつく」などと投稿し、再炎上。事務所に「殺す」などのメールやFAXなどが数十件届いていた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 上西議員、浦和の試合を観戦?週刊誌から「“企画として”観にいきませんか」