2017.7.20 17:20

「新国立」建設で過労自殺か 入社1年目、残業200時間超

「新国立」建設で過労自殺か 入社1年目、残業200時間超

 2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場建設の地盤改良工事に従事していた都内の建設会社勤務で入社1年目の男性社員=当時(23)=が今年3月に自殺したのは、残業が月200時間を超えるなど過重労働が原因として、遺族が労災を申請したことが20日、分かった。代理人の川人博弁護士が記者会見し明らかにした。

 新国立競技場は総工費膨張で旧計画が白紙撤回されたため、昨年12月に当初予定より1年余り遅れて着工、急ピッチで工事が進んでいる。川人弁護士は「作業日程が極めて厳しかった。国家的行事だからといって労働者の命が犠牲になってはならない」と強調した。

 川人弁護士によると、男性は大学卒業後の昨年4月、都内の建設会社に入社、同年12月中旬から地盤改良工事の作業管理に従事していた。今年3月2日、会社に「今日は休む」と連絡した後行方が分からなくなり、4月15日に長野県内で遺体が見つかった。遺体のそばに遺書があり、警察は自殺と判断した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「新国立」建設で過労自殺か 入社1年目、残業200時間超