2017.7.19 18:51

桜井くみ子、デビュー10周年記念コンサートに感慨深げ 

桜井くみ子、デビュー10周年記念コンサートに感慨深げ 

デビュー10周年記念コンサートの開演前、取材に応じた演歌歌手の桜井くみ子=東京・日本橋蛎殻町(撮影・梶川浩伸)

デビュー10周年記念コンサートの開演前、取材に応じた演歌歌手の桜井くみ子=東京・日本橋蛎殻町(撮影・梶川浩伸)【拡大】

 演歌歌手の桜井くみ子(36)が19日、東京都内でデビュー10周年記念コンサートを行い、開演前に報道陣の取材に応じた。

 桜井は「デビューの時は大きなホールでオリジナルの曲をいっぱい歌うのが夢だった。10周年を迎えられると想像できていなかったので、『あっ、こんな感じなんだ』というのが率直な感想」と感慨深げだった。

 またコンサートで歌った「暖簾(のれん)」は「お父さん事を思い出す」ことから選んだといい、一人でテレビを見ながら晩酌している父親の後ろ姿をイメージすると説明した。

 さらに「この曲を聴くと、(18歳で)上京する前日の父の姿が思い浮かんで、すごい寂しそうで、『ほんまに行くん?』と何回も聞かれた」と披露。続けて「『やるならとことんがんばっておいで』と言葉をかけてもらった。『暖簾』という曲の主人公のような人だった」と懐かしそうに話した。

 

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 桜井くみ子、デビュー10周年記念コンサートに感慨深げ