2017.7.1 05:02

『よ~いドン!』10年目突入!月亭八光が持論、ロケは「短い方が出来がいい」

『よ~いドン!』10年目突入!月亭八光が持論、ロケは「短い方が出来がいい」

「よ~いドン!」の10年目突入を喜ぶ(左から)高橋真理恵アナ、羽野晶紀、円広志、月亭八光、銀シャリの鰻和弘と橋本直(大阪市北区)

「よ~いドン!」の10年目突入を喜ぶ(左から)高橋真理恵アナ、羽野晶紀、円広志、月亭八光、銀シャリの鰻和弘と橋本直(大阪市北区)【拡大】

 タレントの円広志(63)、月亭八光(40)らが30日、レギュラーを務めるカンテレの朝の人気番組「よ~いドン!」(月~金曜前9・50)が10年目に突入したことを記念して、生放送終了後、同局で会見した。

 レギュラー陣が街に繰り出して一般人と触れ合う「となりの人間国宝さん」は今や名物コーナーに。ロケで8時間も歩き続けたこともある円だが、八光は「これだけは言わしてください。ロケは巻く(予定より早く終わる)ことがサボっているわけではない。短い方が出来がいい」と持論を展開。

 円は「この人にはかないません。尊敬してます。彼はこのクオリティーで、力を3分の1くらいでやっている」と皮肉たっぷり(?)にほめちぎり、息の合った応酬を繰り広げた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 『よ~いドン!』10年目突入!月亭八光が持論、ロケは「短い方が出来がいい」