2017.6.10 19:06

最年少プロ棋士・藤井四段、25連勝なるか 勝利なら歴代単独2位に/将棋

最年少プロ棋士・藤井四段、25連勝なるか 勝利なら歴代単独2位に/将棋

梶浦宏孝四段との対局に勝利し、感想戦に臨む藤井聡太四段。自身の公式戦連勝記録を24に伸ばした=東京都渋谷区の将棋会館 (川口良介撮影)

梶浦宏孝四段との対局に勝利し、感想戦に臨む藤井聡太四段。自身の公式戦連勝記録を24に伸ばした=東京都渋谷区の将棋会館 (川口良介撮影)【拡大】

 将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)は10日夜、東京都渋谷区の将棋会館で叡王戦予選を指し、都成竜馬四段(27)を相手に公式戦の歴代単独2位となる25連勝に挑む。対局は午後7時に始まった。

 藤井四段はこの日、午前に指された叡王戦予選で梶浦宏孝四段(21)を破り、丸山忠久九段(46)が持つ歴代2位の24連勝に並んだ。連勝記録の1位は神谷広志八段(56)の28。

 藤井四段は昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り。昨年12月、デビュー戦を白星で飾った後、無敗の快進撃が続いている。

 4月にデビュー後の新記録となる11連勝を達成、7日には羽生善治3冠(46)らを抜き、歴代単独3位の23連勝をマークした。

  • 叡王戦予選で梶浦宏孝四段(右)と対局する藤井聡太四段=東京都渋谷区の将棋会館
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 最年少プロ棋士・藤井四段、25連勝なるか 勝利なら歴代単独2位に/将棋