2017.6.2 20:47

藤井四段がデビュー20連勝! 千日手で指し直しも澤田六段破り大台に/将棋

藤井四段がデビュー20連勝! 千日手で指し直しも澤田六段破り大台に/将棋

特集:
藤井聡太四段

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は2日、大阪市の関西将棋会館で指された棋王戦予選決勝で澤田真吾六段(25)を破り、プロ初対局から公式戦20連勝を達成した。無敗を続ける天才棋士が自身の持つデビュー後の連勝記録を更新、大台に乗せた。

 対局は同一局面が4回現れた時点で無勝負となる千日手となった。休憩を挟んで行われた指し直し対局は藤井四段の先手番。難しい局面が続いたが、155手までで相手を投了に追い込んだ。

 公式戦の最多連勝記録は神谷広志八段(56)が1987年に達成した28で、20連勝は有吉道夫九段(81)と並ぶ歴代6位タイ。これで棋王戦予選を突破、渡辺明棋王(33)への挑戦者を決める本戦トーナメント(33人が出場予定)に進出した。

 次回の対局は7日、五段以下のプロ棋士らが対象の上州YAMADAチャレンジ杯トーナメントで、都成竜馬四段(27)と対戦する。

藤井聡太四段の話「(千日手で)指し直し局は先行されて厳しくなり、全体的に苦しかった。(20連勝は)自分の実力からすれば僥倖(幸運)としかいいようがないです。連勝は意識せず、一局一局を大切に指して、しっかり実力をつけたい」

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 藤井四段がデビュー20連勝! 千日手で指し直しも澤田六段破り大台に/将棋