2017.4.26 11:00(1/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(349)】地元密着型コンビ、横浜ヨコハマ

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(349)】

地元密着型コンビ、横浜ヨコハマ

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
横浜ヨコハマの上仲誠彦(左)と新村晋。地元に愛されるコンビを目指し、“お笑い界のゆず”になる!!=東京・五反田

横浜ヨコハマの上仲誠彦(左)と新村晋。地元に愛されるコンビを目指し、“お笑い界のゆず”になる!!=東京・五反田【拡大】

 横浜ヨコハマ(浅井企画所属)★結成 2006年★ボケ担当 上仲誠彦(34)★ツッコミ担当 新村晋(34)

 今回登場するのは横浜ヨコハマです。地元・横浜をこよなく愛す“地元密着芸人”で、コンビ名は事務所の先輩、関根勤(63)が命名。男性デュオ、ゆずが行っていた路上ライブの聖地、横浜・伊勢佐木町で毎週日曜日にネタを披露している。

 --コンビを組んだきっかけは

 新村「実は、中学2年からコンビを組んでいます」

 上仲「ありきたりなのですが、文化祭とか学校行事の司会を僕ら2人でやったのが始まりで、かれこれ20年の付き合いになりますね」

 新村「誰かにネタを見せるわけではないんですけど、高校時代も週1回会ってネタ合わせをやっていました(笑)」

 --コンビ名の由来は

 上仲「横浜ヨコハマになったのが4年前でしたね。地元の地名を入れたかったんです」

 新村「横浜ヘテロというコンビ名で活動していた時期が長かったんですけど、番組関係者に『この名前でテレビ出ていいの? “横浜ヘ、テロ”って、すごい名前ですよ』と言われて。僕らは全く気付いていなかったんですけど、これはヤバいと思いまして」

 上仲「そのタイミングで事務所の先輩、関根勤さんに命名してもらったんです」

 新村「一日ずっと考えてくださって、結局出てきた名前が『横浜ヨコハマ』と『目黒西口』。即答で横浜ヨコハマを選びました(笑)」

 --現在の活動拠点は地元、横浜。伊勢佐木町で毎週日曜日に路上ライブをやっているそうですね

 上仲「横浜を中心に活動しようと決めてから、最初にひらめいたのが路上ライブでした」

【続きを読む】

  • 横浜ヨコハマの上仲誠彦(左)と新村晋。地元に愛されるコンビを目指し、“お笑い界のゆず”になる!!=東京・五反田
  • 横浜ヨコハマの上仲誠彦(左)と新村晋。地元に愛されるコンビを目指し、“お笑い界のゆず”になる!!=東京・五反田
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(349)】地元密着型コンビ、横浜ヨコハマ