2017.4.8 11:00(1/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(331)】稀勢の里の優勝に大喜びの相撲大好き女ピン芸人、みよこ

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(331)】

稀勢の里の優勝に大喜びの相撲大好き女ピン芸人、みよこ

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
ジャズシンガー、綾戸智恵のものまねを披露するみよこ=東京・大手町

ジャズシンガー、綾戸智恵のものまねを披露するみよこ=東京・大手町【拡大】

 みよこ(33、松竹芸能所属)★1999年にお笑いコンビ、マンゴスティンで活動を開始、2012年から同社所属★ピン芸人

 今回はくのいちが担当します。1人コントやジャズシンガー、綾戸智恵をはじめ、嵐・櫻井翔らのものまねで人気のピン芸人だ。

 --お笑いをめざしたきっかけは

 「高校時代に『ボキャブラ天国』がはやっていて、同級生の女の子とネタを作っては人を笑わせていました。面白かったですね。その同級生と1999年からマンゴスティンというコンビ名で活動していました。私はツッコミ、でした」

 --99年というと16歳ですが、高校時代から

 「はい。高1の終わりにワタナベエンターテインメントのネタ見せにいって、コンビで1年ほど在籍してライブに出たりしていました」

 --1年だけだった

 「高2の半ばに相方が『ミュージシャンになりたい』と言い出して解散しまして、普通の高校生活を送っていました。でも、高3のときに彼女が戻って来て、再結成したんです。フリーで活動していたら、浅井企画の方と縁があって、高校卒業後の2002年に所属しました。ただ、結成10年目だった10年のM-1で2回戦までしかいけなくて、子供ができた相方が『もう、ボケられない』って」

 --お笑いをやめようとした

 「はい。でも、そのときに、違う2人の女芸人仲間がコンビを組もうとしていたんですが、2人ともボケで、ツッコミを探していまして、トリオを組もうと誘われて引き受けました」

 --トリオ名は

 「三等分です。ただ、たま子という名のメンバーが身長1メートル74、体重114キロの大柄で、体の数値が悪くて1年で脱退してしまい、もう1人のメンバーのちーちゃんと2人で三等分の名のままでコンビを続けました」

 --2人になって松竹芸能に所属した

 「12年でした。松竹芸能の若手芸人に『漫才大会があるけど、女芸人が少ないから出てみないか』って誘われまして。ただ、15年にちーちゃんが辞めて、ピン芸人になりました」

 --ネタ作りは

 「相方と一緒に作っていましたが、1人になっても特に変わりません。最近でいうと3、4年前から気になっていた首長族を去年12月のライブでやったら、評判がよかったです。息詰まったときは走っています。中学のとき長距離競技をしていたので、1週間に1、2度ほど最低5キロ走っています。調子がいいと10キロは走りますよ」

【続きを読む】

  • 嵐・櫻井翔のものまねを披露するみよこ=東京・大手町
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(331)】稀勢の里の優勝に大喜びの相撲大好き女ピン芸人、みよこ