2017.3.25 05:01

籠池氏の証人喚問中継、「番組視聴占拠率」は50・0%

籠池氏の証人喚問中継、「番組視聴占拠率」は50・0%

 23日に行われた森友学園の籠池泰典氏の証人喚問で、生中継したNHK総合の平均視聴率が23日午前11時からの54分間で16・1%(関東地区)だったことが24日、ビデオリサーチの調べで分かった。地上波テレビを見ていた人のうち同番組の視聴割合を示す「番組視聴占拠率」は50・0%に上り、この時間帯に地上波を見ていた人の実に半数が国会中継を見ていた形。同時間帯にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝の米国-プエルトリコ戦もテレビ朝日系で中継されたが、関東地区で2・9%にとどまった。

 近年では、2015年9月に安全保障関連法案が参院で可決された際の平均視聴率が6・7%。ふだんは平均2~3%程度だ。01年に辻元清美氏(当時社民党)が小泉純一郎氏に「総理、総理…」と連発した際は瞬間的に13・1%を記録したが、平均で2桁を記録するのは極めて異例だ。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 籠池氏の証人喚問中継、「番組視聴占拠率」は50・0%