2017.3.24 15:00

又吉直樹の作品が教科書に初登場 音楽ではAKBの「365日の紙飛行機」も

又吉直樹の作品が教科書に初登場 音楽ではAKBの「365日の紙飛行機」も

又吉直樹

又吉直樹【拡大】

 文部科学省は24日、2018年度から使う教科書の検定結果を公表した。検定に合格した教科書には、芥川賞作家でお笑い芸人の又吉直樹の作品が初登場したほか、プロ野球の大谷翔平、ドラマの主題歌など、話題の人やヒット曲が多く盛り込まれた。

 高校現代文Bの大半の教科書では年表で2015年に芥川賞を受賞した又吉さんの「火花」を載せた。祖母との思い出をつづった又吉さんのエッセーを紹介した教科書もあった。

 小学生の道徳では、大谷が高校時代に、夢の実現に向けた具体的な行動を書き込んでいた「目標達成シート」が題材になり、車いすテニスの国枝慎吾さんも写真付きで掲載された。

 音楽IIではNHK朝の連続ドラマの主題歌でAKB48の「365日の紙飛行機」が採用された。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 又吉直樹の作品が教科書に初登場 音楽ではAKBの「365日の紙飛行機」も