2017.3.23 13:02

恋人を線路から突き落とした元慶応大生に有罪判決

恋人を線路から突き落とした元慶応大生に有罪判決

 交際中の女子学生を駅のホームから線路に突き落としたとして、傷害罪に問われた元慶応大生の無職小沢友喜被告(22)に、横浜地裁は23日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 並河浩二裁判官は「腕を突然つかんで突き落とした。救助された数十秒後に電車が進入する予定で、危険で悪質な犯行」と指摘。「酔った被告を家に送ろうとした女子学生を煩わしく思ったという動機は短絡的で身勝手だが、反省の態度を示している」として執行猶予付きの判決とした。

 判決によると、昨年11月6日夜、東急東横線日吉駅ホームで女子学生の背中を押して線路に突き落とし、けがをさせた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 恋人を線路から突き落とした元慶応大生に有罪判決