2017.3.16 11:00

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(309)】シュールなリズムネタで勝負するコンビ、ぷりずん。

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(309)】

シュールなリズムネタで勝負するコンビ、ぷりずん。

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
ぷりずん。の兼近大樹(左)と逢見亮太。シュールなネタで勝負する2人に注目だ!=東京・渋谷

ぷりずん。の兼近大樹(左)と逢見亮太。シュールなネタで勝負する2人に注目だ!=東京・渋谷【拡大】

 ぷりずん。(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)★結成 2013年★ボケ担当 兼近大樹(25)★ツッコミ担当 逢見亮太(29)

 今回登場するのはぷりずん。です。逢見の歌に兼近が自身の体を使って音を奏でるボディーミュージックネタで人気急上昇中の若手コンビだ。

 --コンビを組んだきっかけは

 兼近「相方からずっと誘われていたんです。いろいろと考えた結果、イケメンが横にいたらいいかもなと思って、2013年の元日にコンビを組みました」

 逢見「僕は最初、ワタナベエンターテインメントでトリオとして活動していたんですけど、解散して1人になってしまって。それで、ちょっとおかしい人とコンビを組みたいなと思っていたところ、相方にたどり着きました(笑)」

 --兼近さんのおかしなところは

 逢見「全部言ったらきりがないです(笑)。一番ヤバイと思ったのは、相方が地元では『“死んでいる設定”』になっていることですかね」

 --どういうこと!?

 兼近「(漫画の)GTOの主人公・鬼塚英吉っているじゃないですか。彼が先生になる前を描いた漫画『湘南純愛組』では、鬼塚が自分を死んだことにして地元を出るストーリーなんです。それに憧れて、僕もそういう設定で地元を出てきました」

 --芸人を目指したきっかけは

 兼近「楽しいことがなかったので、何か楽しいことをしたいと思ってNSC(吉本総合芸能学院)に入学しました」

 逢見「僕はキックボクシングのプロだったんですが、一応、新人王も獲得しているんです。現役のときはマダムな方から絶大な人気を得ていまして、強さとイケメンを手に入れたので、後は笑いだなと思って、芸人を目指しました」

 兼近「相方はすべてを手に入れた男なんです」

 逢見「ライバルはジョニー・デップ。彼も、マダムから酸素カプセルをプレゼントすると言われたことはないと思うので(笑)。僕はプレゼントすると言われたことがありまして。置き場がないから断りましたけどね」

 兼近「今もマダムが劇場に来て、出待ちしていますよ(笑)」

 --現在の活動状況は

 逢見「毎月1回、埼玉・大宮ラクーンよしもと劇場で単独トークライブ、東京・渋谷のヨシモト∞ホールで3カ月に1回単独ネタライブを開催しています」

 --今年の目標は

 兼近「今までM-1グランプリの最高成績が2回戦敗退なので、今年は目指せ3回戦です」

 4月4日放送のフジテレビ系SPドラマ「でも、結婚したいっ!~BL漫画家のこじらせ婚活記~」に、サバイバルゲームをしている男友達という役柄で出演する。また、5月6日午後1時から東京・渋谷のヨシモト∞ホールで単独ライブを開催する。

  • ぷりずん。の兼近大樹(左)と逢見亮太。シュールなネタで勝負する2人に注目だ!=東京・渋谷
  • ぷりずん。の兼近大樹(左)と逢見亮太。シュールなネタで勝負する2人に注目だ!=東京・渋谷
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(309)】シュールなリズムネタで勝負するコンビ、ぷりずん。