2017.3.14 05:04(2/3ページ)

ブルゾンちえみ、女優デビュー!桐谷&水川と女子力ゼロ理系女子に

ブルゾンちえみ、女優デビュー!桐谷&水川と女子力ゼロ理系女子に

「人は見た目が100パーセント」原作書影

「人は見た目が100パーセント」原作書影【拡大】

 「ブルゾンちえみ with B」として上から目線で恋愛指南するキャリアウーマンネタで大ブレークしたブルゾンちえみが、芸歴2年目で一気に女優まで上りつめる。

 「人は見た目が100パーセント」は同名漫画を原作に、桐谷美玲(27)演じるヒロインら女子力ゼロの理系女子3人組が美しくなろうと奮闘する物語。ブルゾンは、桐谷、水川あさみ(33)の人気女優と“リケジョ”トリオを結成する主要キャストに抜てきされた。

 持ちネタでは「男は35億」とモテぶりをアピールするが、同作では、異性との交際経験がないぽっちゃり女子の聖良(せいら)を演じる。制作側は、原作漫画の聖良とブルゾンが激似だったことから起用した。

 原作者の大久保ヒロミさんも「この役をやるために生まれてきたような人」と絶賛。劇中では、キャリアウーマンネタを思わせるセリフもある。

 2月28日に行われたピン芸人日本一決定戦「R-1ぐらんぷり」で優勝候補と言われながら、ネタ中のまさかのミスで悔し涙を流したブルゾン。

 繊細でプロフェッショナルな姿勢は演技にもいかされており、おなじみの濃いメークは役作りで“女優仕様”にする。「ブルゾンメークから崩すのが…」と苦心しながら、アイラインを3分の1ほど細く、口紅を暗めの赤からピンクに変えるなど、“ニューブルゾン”を表現する。

【続きを読む】

  • 衣装の白衣姿でスリーショットを披露した桐谷美玲(中央)、水川あさみ(左)、ブルゾンちえみ。見た目もポーズも原作漫画のキャラクターとそっくり
  • 衣装の白衣姿を披露したブルゾンちえみ
  • 「人は見た目が100パーセント」原画
  • 上から目線で恋愛指南するキャリアウーマンネタで大ブレークしたブルゾンちえみ
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ブルゾンちえみ、女優デビュー!桐谷&水川と女子力ゼロ理系女子に