2017.3.7 19:58

スジャータ生みの親、日比孝吉氏が死去

スジャータ生みの親、日比孝吉氏が死去

 スジャータめいらくグループの創業者で、コーヒーフレッシュ「褐色の恋人スジャータ」の生みの親の日比孝吉(ひび・たかよし)氏が3日午後9時8分、老衰による心不全のため名古屋市の病院で死去した。88歳。浜松市出身。自宅は名古屋市。葬儀・告別式は近親者で済ませた。喪主は長男治雄(はるお)氏。後日、お別れの会を開く。

 1952年に乳製品の製造・販売会社、名古屋製酪を名古屋市で設立した。「喫茶店の味を家庭でも」と業務用のコーヒーフレッシュを小分けにし、スジャータとして76年に発売。ロングセラー商品となった。

 2013年には名古屋製酪や東京めいらく(東京)など各地の事業会社を統括するスジャータめいらく(名古屋市)を設立。国内外に70を超える拠点を持つ企業に育てた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. スジャータ生みの親、日比孝吉氏が死去