2017.3.4 11:00(1/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(297)】塩顔イケメン、ゴッホ向井ブルー

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(297)】

塩顔イケメン、ゴッホ向井ブルー

広島出身でカープ愛にあふれるイケメン芸人のゴッホ向井ブルー=東京・築地

広島出身でカープ愛にあふれるイケメン芸人のゴッホ向井ブルー=東京・築地【拡大】

 ゴッホ向井ブルー(松竹芸能所属)★2010年にフリーで活動を開始し、16年9月から同社所属★ピン芸人

 今回はくのいちが担当します。広島出身で愛するプロ野球、広島カープをネタにした漫談が話題のイケメンピン芸人だ。

 --芸人を目指したきっかけは

 「中学校のときに見た『笑いの金メダル』(テレビ朝日系)、『爆笑オンエアバトル』(NHK)がきっかけで、お笑いが好きになりました。教師をする両親が厳しくてテレビに毛布を掛け、イヤホンをして深夜番組を見ていました(笑)」

 --お笑いへの情熱がすごい

 「高校1年生のときにアマチュアも出られる『M-1グランプリ』に同級生の友達と応募したんです。ところが当日、開始時間になっても来なくて…。受付に謝りに行って帰ろうとしたら、司会のへびいちごさんが追いかけてきて、『出番をトリ(最後)にするから、もう少し友達を待ってみたら』って。結局、友達は来なかったんですけど、へびいちごさんが『お笑いだけは嫌いにならないで』『またチャレンジしてくれ』って。その瞬間にお笑いをやってみたい、と思いました」

 --両親をよく説得できた

 「中高一貫校で高校1年で中退したんですけど、両親は反対するより、心配してくれました。最後は『本当にやりたいことだったら、やりなさい』と。通信教育で高校卒業の資格を取りながら、アルバイトで100万円ためて、高校卒業の単位が取れた2008年に上京しました」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(297)】塩顔イケメン、ゴッホ向井ブルー