2017.3.1 11:00(1/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(294)】“ボケ不在”の漫才コンビ、あきげん

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(294)】

“ボケ不在”の漫才コンビ、あきげん

あきげんの石井元気(左)と秋山良人。陽気な性格はお茶の間にウケそうだ=東京・芝公園

あきげんの石井元気(左)と秋山良人。陽気な性格はお茶の間にウケそうだ=東京・芝公園【拡大】

 あきげん(マセキ芸能社)★結成 2004年★ボケ担当・秋山良人(33)★ツッコミ担当・石井元気(33)

 今回はあきげんの登場です。陽気な2人のセールスポイントは、ボケがない漫才。それでネタは成立するのだろうか…。2人に話を聞いてみた。

 --出会ったきっかけは

 石井「東京アナウンス学院のお笑いタレント科の同級生です。入学してすぐに1泊2日の研修旅行がありまして、移動のバスで隣に座ったのが相方でした」

 秋山「その学校が主催する高校生のお笑い大会があって、高校生の同級生とコンビを組んで漫才をしたら、かなりスベったんですよ」

 石井「そのときのコンビ名覚えている?」

 秋山「えっ!? 逆に覚えている?」

 石井「ノンストップボーイズでしょ(笑)。すぐ答えられたらウケるのに…」

 --どういう経緯でコンビを組むことに

 秋山「その大会でスベったことが悔しくて、お笑いを勉強したんです。それで思いついたのが、“コンビの片方が男前の法則”でした。明らかに男前担当は僕ではないと気づいたので、学校内で一番格好いいヤツとコンビを組もうと決めていた」

 --その人が石井さんだった

 秋山「全然いなかったんですよ。その中でダボダボのジーパン&パーカーを着て、金髪でピアスを付けた石井君が遅れてバスに乗り込んできて(笑)。あれだ! と思いました。たまたま空いていた席が、僕の隣だったんです」

 --運命を感じた

 秋山「そうですね」

 石井「僕はわざと遅刻しましたから。牛歩戦法です(笑)。普段は遅刻しないですけど、田舎者なので東京人になめられたらいかんと思ったので(笑)」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(294)】“ボケ不在”の漫才コンビ、あきげん