2017.2.18 07:55

正男氏殺害で北朝鮮国籍の男逮捕 主犯格か、行動1年監視

正男氏殺害で北朝鮮国籍の男逮捕 主犯格か、行動1年監視

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシア警察は18日、殺害に関与した疑いで、北朝鮮国籍の男リ・ジョンチョル容疑者(46)を17日夜に逮捕したと発表した。所持していた身分証から身元を特定した。実行犯の女2人と一緒にいた男4人のうちの1人とみられ、犯行を指示した主犯格の可能性がある。

 北朝鮮大使は17日、マレーシア政府が正男氏の遺体を司法解剖したことを強く非難、遺体の即時引き渡しを要求した。

 現地の主要英字紙ニュー・ストレーツ・タイムズは18日、正男氏が襲われた直後の様子とする写真や男4人の顔写真を掲載。北朝鮮工作員が正男氏の行動パターンを約1年にわたり監視していたと報じた。

 北朝鮮人の具体的な関与が明らかになったことで、北朝鮮に対する国際的非難が強まるのは必至。韓国政府は北朝鮮の情報機関、偵察総局が犯行を主導したとの見方を示している。

 地元メディアによると、警察は男4人を指名手配、全国の警察に写真を配布し、残る3人の行方を追っている。(共同)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 正男氏殺害で北朝鮮国籍の男逮捕 主犯格か、行動1年監視