2017.2.14 11:31

農水省、中国産米混入報道で京都の卸売会社を検査

農水省、中国産米混入報道で京都の卸売会社を検査

 全国農業協同組合連合会京都府本部(JA全農京都)などが出資する京都市のコメ卸売会社が国産米として販売したコメに、中国産米が混入している疑いがあるとの週刊ダイヤモンドの報道を受け、農林水産省は事実関係を確かめるため、立ち入り検査を始めた。山本有二農相が14日の閣議後の記者会見で明らかにした。

 卸売会社側は「産地偽装を行い、中国産米を混ぜたコメを国産米として販売したことはなく、記事は事実と異なる。速やかに刑事告訴し、損害賠償などを求める訴訟も起こす」としている。

 立ち入り検査は、近畿農政局と京都府が13日から実施。山本農相は会見で「農政局の調査をしっかりと見守り、正確な事実の把握をしたい」と述べた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 農水省、中国産米混入報道で京都の卸売会社を検査