2017.2.13 11:00(1/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(278)】お笑い界屈指の美しすぎる女芸人、さな

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(278)】

お笑い界屈指の美しすぎる女芸人、さな

独特の世界観で魅了する女芸人、さな。かわいすぎる女芸人としてブレークする日も近い!=東京・新宿

独特の世界観で魅了する女芸人、さな。かわいすぎる女芸人としてブレークする日も近い!=東京・新宿【拡大】

 さな(サンミュージック所属、28)

 今回登場するのは女芸人、さなです。子役として芸能界入りし、紆余曲折を経て現在はピン芸人として活動。今年はデビュー20周年のアニバーサリーイヤーで、ブレークのきっかけをつかもうと必死だ。

 --元子役なんですね

 「ミュージカル『アニー』でデビューして、(所属事務所の先輩)安達祐実さんとも『オズの魔法使い』で共演させてもらったことがあります。一番大きい仕事だったのは『ライオンキング』ですね」

 --役者を辞めたのはいつ

 「小学6年のときです。歌が下手ということに気づいてしまったので。ファンの方に『さなちゃんは歌苦手だからね』と言われて…」

 --歌うことがトラウマになったのでは

 「辞めてから5、6年間は、ライオンキングの曲を聴くことはもちろん、歌を歌うこともいやになりました。今は張り切って歌えるようになりましたけどね」

 --芸人として活動を始めたのは

 「子役を辞めた後、サンズエンターテイメントに所属して、アイドルグループに入って活動していたんです」

 --ダンスも得意と伺っていました

 「結局6回アイドルグループを結成して、3度メジャーデビューしているんです(笑)」

 --それはすごいですね…

 「でも、2週間で解散したグループもありました」

 --サンズには何年在籍した

 「中学3年から21歳までお世話になりました」

 --そこから芸人に転身した

 「サンズを辞めてからというわけではなくて。(サンズの)野田義治社長から『お前らはトークの技術がないから、勉強する意味でM-1に出てこい』と指示されたのがきっかけなんです」

 --アイドルがM-1出場…

 「発想がすごいですよね。そこから、アイドルがお笑いに挑戦する風潮みたいなものができましたよ。野田さんと私たちが先駆者です(笑)」

 --芸人に転身後も、相方が何度か変わっています

 「M-1には3組くらい、別々のコンビで出ました。なぜか分からないけど、私とコンビやグループを組むとすぐ解散しちゃうんですよ(笑)」

 --不思議な魔力

 「アイドル殺しといわれたり、死に神といわれたりします…。私なりに一生懸命やっているんですけどね(笑)」

 --M-1グランプリへの出場が芸人に転身した大きな要因になった

 「初めてM-1に出たとき、『自分の意志でやっている!』と思えたんですよ。用意されている台本じゃなくて、自分たちで一からネタを作る。そういう感覚を覚えたのが初めてで、すごく楽しかったんです」

【続きを読む】

  • 独特の世界観で魅了する女芸人、さな。かわいすぎる女芸人としてブレークする日も近い!=東京・新宿
  • 独特の世界観で魅了する女芸人、さな。かわいすぎる女芸人としてブレークする日も近い!=東京・新宿
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(278)】お笑い界屈指の美しすぎる女芸人、さな