2017.2.12 11:00(1/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(277)】トリオから2人組として再出発した帰国子女とランナーによる異色のお笑いコンビ、ポップライン

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(277)】

トリオから2人組として再出発した帰国子女とランナーによる異色のお笑いコンビ、ポップライン

それぞれの特技を生かした活動でブレークを誓うポップラインの左から竹本和貴、萩原拓也=東京・大手町

それぞれの特技を生かした活動でブレークを誓うポップラインの左から竹本和貴、萩原拓也=東京・大手町【拡大】

 ポップライン(オスカープロモーション所属) ★結成・2012年 ★ボケ担当・竹本和貴(31) ★ツッコミ担当・萩原拓也(35)

 冬眠しているくらぼん先輩に変わってちゅんが務めます。今回は昨年9月にトリオからコンビとして再出発したポップラインを紹介します。バイト先の先輩と後輩で、帰国子女とランナーという異色の経歴の持ち主。心の声を音で表す独創的なネタでファンを魅了する。

 --2012年6月にお笑いトリオを結成し、昨年9月にコンビとして再結成したんですか

 萩原「そうですね。昨年9月までは、ずっとトリオで4年半くらいやっていました」

 --大学を卒業してトリオを組んだ

 竹本「もともと知り合いだったんですが、そのときは組んでいなかったんですよ。僕と相方が別のコンビを解散した時期が一緒で、2人で組んでからもう1人が入ったという感じです」

 --トリオからコンビになった理由は

 「もう1人がそろそろ身を固めたいと言いだして、やむを得ない理由なんです。仲はいいのでケンカ別れではないんです」

 --2人は結婚してない

 竹本「僕らはあきらめた側ですね」

 萩原「あきらめてはないよ。俺はまだ…」

 竹本「コイツ、こんなこと言ってますけど、多分5年はないですよ」

 萩原「僕は全然する気はあるけれど…」

 --結婚するときは言ってくださいね

 萩原「えっ、そうですか? 言った方がいい?」

 --おめでたい原稿を書くので

 竹本「(サンケイスポーツに掲載された)相方が千葉マリンマラソンで取材してもらった記事が、Yahoo!ニュースに載っていてビックリしました」

 萩原「来年にも結婚したいので報告します!」

 竹本「一緒にいる感じだとまだまだないね」

 --コンビになってネタの出し方も変わった

 竹本「もともと抜けた子がネタを書いてくれていたので、僕らにとって大打撃だったんです。ただ、前は面白いネタをしようという感じで自分たちがライブに出れば大体は受けたんですが、2人になってからはライブで受けようが受けまいが、ちょっと変わったことをやっていこうと方向性が変わった気がします」

 萩原「そうですね。でも、地獄ですよ。ネタを書く人がいないので、すごい大変ですから」

 --自分たちのウリは

 竹本「音にはめ込んだネタをしているんですね。心の声を音で流す感じです。でもウリは完全にマラソンじゃないですか。時期的にもね」

【続きを読む】

  • それぞれの特技を生かした活動でブレークを誓うポップラインの左から竹本和貴、萩原拓也=東京・大手町
  • それぞれの特技を生かした活動でブレークを誓うポップラインの左から竹本和貴、萩原拓也=東京・大手町
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(277)】トリオから2人組として再出発した帰国子女とランナーによる異色のお笑いコンビ、ポップライン