2017.2.5 05:00

脳みそ夫、初主演映画で熱演「自分の裸を見るのは恥ずかしかった」

脳みそ夫、初主演映画で熱演「自分の裸を見るのは恥ずかしかった」

映画「くも漫。」の初日舞台あいさつに登場した左から小林稔昌監督、沖ちづる、脳みそ夫、くもマン、原作の中川学氏、柳英里紗、立石涼子

映画「くも漫。」の初日舞台あいさつに登場した左から小林稔昌監督、沖ちづる、脳みそ夫、くもマン、原作の中川学氏、柳英里紗、立石涼子【拡大】

 OL聖徳太子などのネタで人気上昇中の芸人、脳みそ夫(37)が4日、東京都内で行われた初主演映画「くも漫。」の初日舞台あいさつに登場。実録漫画の映画化で、風俗店で絶頂を迎える瞬間にくも膜下出血を発症した男性を熱演。主演の依頼に「絶対ドッキリだと思った。裸のシーンが多くて、自分の裸を見るのは恥ずかしかった」。

  • 初主演映画「くも漫。」の初日舞台あいさつを行った脳みそ夫
  • 映画「くも漫。」の初日舞台あいさつに登場した左から脳みそ夫、くもマン(公式キャラクター)、原作の中川学氏、柳英里紗=東京・新宿
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 脳みそ夫、初主演映画で熱演「自分の裸を見るのは恥ずかしかった」